トイレリフォームを検討し始める前に知っておきたいこと

トイレリフォームの契約前に知っておくと便利なことがいくつかあります。

まず、無料相談でできることです。無料相談でできることは、基本的に業者への発注以外は可能だと思ってください。見積りをもらったり、プランを一緒に考えてもらったり、必要なアドバイスをもらったりすることは無料です。業者側でも営業費用だと考えていますから、いざ発注しなかったとしても申し訳なく思う必要はありません。

そして、リフォームのポイント(目的の取捨選択)です。ポイントとしては、便器の交換だけか、洗浄便座も変えるか、種類やグレードはどうするか、手洗いの有無や位置、ペーパーホルダーやタオルハンガーの有無や位置、床・壁・天井・照明などの内装面の改装、バリアフリーにするか否か、などがあります。

それから予算をある程度決めて、業者と擦り合わせをするといいでしょう。これを繰り返すうちに、リフォーム後のトイレのイメージが固まってきます。

そして大事なことですが、提案書と最終見積りをしっかり確認することです。いざ工事を始めてみると、想定外のことが起こることも少なくありません。そのために、見積りに入っていない工事が発生した場合の処理について、契約書や覚書に追記してもらうようにしましょう。

日本ではお客さんが細かいことを言わないので、業者側が適当に処理することが多いのですが、そこで余計な費用を追加される可能性もなくはないので、注意が必要です。

リフォーム業者は玉石混淆といわれており、必ずしも良心的なところばかりではなく、また業者が違えば価格もサービスも全然違っています。トイレのイメージだけでなく、業者についてもイメージをもって探すことが大事だといえるでしょう。
あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>タウリンサプリ完全版

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *