楽しみや幸せを与えてくれる

私が利用した健康食品は、ケージ、フード、フードを食べる器、給水器もしくはお水を入れる器、
タオルや座布団を重ねたものでいいのでベッド、トイレ、トイレシーツなどは
犬を飼う前、家に迎える前に最低限用意しておいた方がいい物です。
パピー時期の犬を飼うのであれば、トイレも失敗するので雑巾なども必要です。
パピー時期であれ成犬であれ、その家でのしつけは必ず必要です。
また、ご家族がいらしたら、ご家族内でしつけの仕方を統一することも大切です。
人によって指示していることが違うと、犬も混乱してしまうからです。
飼う前に、トイレの場所やしてはいけないことを
しっかりとご家族内で話し合われることがとても重要です。
そして、誰が主に世話をするか、犬にとってのリーダーになるべく人も
決めておいた方が安心です。

健康食品を利用してみて、パピー時期の犬はとにかくイタズラがすごいです。
見るものすべてがオモチャで怖いものも知らないのです。
ある程度成長してからは「これはイケナイ」と言えばわかるようになりますが
パピー時期の犬はそれすら通じません。
なので、教えるといよりも「これには触れてほしくない」と思う危険なものは
犬の見えないところに、しっかりと保管することがとても大切です。
例えば、犬が飲みこんでしまう恐れのある薬や、クリップ、画鋲、タバコなどは
絶対に床に落とさないこと。
また、電気コードもかじってしまうことがあるので、
何かで隠すか、ケースなどで覆っておくと安心です。
犬は獲物を見つけると、とても素早いです。
人間の食べ物もうっかり落とすと、あっという間に拾って食べてしまいます。
玉ねぎやチョコレートなど、犬にとっては毒となるもは特に注意が必要です。
犬は毎日の食事はもちろん、お散歩や遊んであげたりと、
かなり犬中心の生活になり、時間を割かれます。
家を何日も空けることも出来ないので、旅行なども行きずらくなったりします。
もしも今、自由気ままに暮らされていたら、
かなり犬に振り回される生活にることを、覚悟しておいた方がいいかもしれません。
参考にしたサイト⇒リザベリンの効果

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *